体調管理の大切さを痛感!

体力作りの前に体調管理!

案外知らない建築と土木の微妙な違い

一般の人はあまり建設業のことについては詳しく知らないでしょう。建築と土木がどう違うのかも分からないことが多いです。この二つはかなり違うので、言葉の示す範囲について知っておくといいでしょう。まず建築の方ですが、これは住宅やビルなど、人が入って活動するための建物を作ることを指します。したがってこれらの建造物は、「築何年」という言い方をするものです。一方の土木は、河川の補強工事やダム建設、道路工事等を指しています。人が住んだりは基本的にしないインフラを作ることで、土や木を多く使うとイメージすればそれほど現実と隔離はしないはずです。これら二つをまとめて建設と呼んでいます。どちらの業界に飛び込むかは、非常に悩ましい選択となるケースがあります。どちらにでも通用する資格もあれば、一方でしか役に立たない資格もあります。安定して仕事があり稼げる業界ですが、不況に強いのがインフラを担当する土木業界で、好況に強いのがビル等を作る建築業界であるとされています。どちらにせよ、かなりいい待遇が期待できるので、大学生にも根強い人気があるアルバイトです。アルバイトも多数募集している業界なので、学生のうちからどちらかを経験しておくと良い経験になるでしょう。また、想像以上に体力が必要になる仕事ですから、体調管理はしっかり行わなければいけません。睡眠もしっかりとらないと、命の危険があるので十分に注意しましょう。このような肉体労働系の求人案件は一年中たくさん見つけられます。アルバイトはほとんどが肉体労働になって、日給制であるケースが多いです。日給は一万円以上もらえるのが普通で、相場は一万五千円ほどです。これだけもらえると人気が高い理由がわかりますよね。高時給に加え、日払いや日給制の職場もあるので、短期間だけ建築や土木のバイトを経験することも可能です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です